旦那の浮気の証拠がなくても焦らずじっくりと生活リズムを観察すること

離婚原因

↓携帯電話を証拠として調べるリスク

携帯にロックを掛ける夫の心理は「隠したい」「見られたくない」というサイン
浮気や不倫の証拠集め↓ 自力で証拠集めをする時は、とにかく無心で さて、浮気や不倫の証拠集めで、お金のある人はサクッと探偵や興信所に頼んじゃってくださいと言いましたが、これに該当する人は本当に一握りだと思います。...

 

毎日の生活リズムの中でわかる、ほんの少しの変化

 

証拠は手に入っていないけど、明らかに旦那の態度や様子がおかしい。
何もない事を祈るけど、心情的には黒に限りなく近いグレーな段階が一番辛いですよね。

いっそ旦那に問い詰めたくなるけど、はぐらかされたり、警戒されたりするリスクもあって前に踏み出せない。
誰かを頼りたいけど、自分でどう調べたらいいかもわからないし、お金もないし、子供がいたり、仕事をしていたりしたら時間もない。

でも、モヤモヤした気持ちをもったまま、普通に生活するなんてキツイですよねー。
私なんて、モヤモヤしすぎて一時期は食欲もなくなりましたし、未だにママ友には体調の心配をされるし、割とポジティブな性格なのに、突然ネガティブになったり、と本当、旦那には土下座して死んでほしいです。笑

そんな、一番証拠がザクザク眠ってそうな携帯電話を調べるのが無理で、もうどう調べたらいいかわからないという場合、私は日記をおすすめします。

日記なんて毎日書くの面倒くさいよーとか、何を書いていいかわからないよーとか思うかもしれませんが、そんなにかしこまらなくて全然OK。
メモ程度でも全然大丈夫です。

以前、ここでもお話しましたが↓

旦那の浮気や不倫の証拠を見つけたらしなければならない大切なこと
旦那の浮気や不倫に気付いたらあなたはどうしますか? 有無を言わさず問い詰める? 泣き叫んで相手を責める? この世の終わりみたく呆然としてしまう? おそらく、突然突き付けられた途端、頭に血が上って相手に問い詰めたくなるか、血の気が引い...

 

専業主婦は家族の健康や様子を常に毎日心配しているからこそ、旦那の変化にすぐ気付きやすいです。
大抵、人間はそれぞれ無意識に自分のルールで動いてるんですよね。

 

朝起きてすぐトイレに行くか行かないか、とか
歯磨きは朝食前か朝食後か、とか
毎日どのニュース番組を見るか、とか
朝のクソ忙しい時間帯に携帯電話を見るか、見ないか、とか

 

必ず、その人本人のルールがあるはずなんです。
それは、常に無意識で動いていて、自然とそれが生活リズムとして根付いていくので、一緒に住んでいれば何度も何度も目にするはずです。

いやー、無意識って怖いですよー。
だって、体に染みついちゃってるからね!
だからこそ、その無意識ではない事をやっていると目立つというか、「あれ?」と思う。

うちの旦那は、それこそ今まで携帯電話なんてずっとガラケーでいいって言ってるぐらい携帯電話に興味がなく、家にいてもパソコンでゲームをしているので、携帯電話でネットを見る必要もない。
なので、基本的に携帯電話をさわるなんてほとんどしていなかったんですね。
マジで携帯不携帯で、そこらへんにポーンと置いてある感じ。

それなのに、あれ?おかしくない?と思った時には、朝起きたらまず携帯電話をチェックしてるんですよ。
多分、LINEチェックしてたんでしょうね。
それで、そのまま携帯電話をトイレに持ち込んで返信してるわけですよ。

まあ、これだけあからさまなのはアホだと思いますけど。笑
それでも、普段やっている事ではない事をしている時は要注意です。
意識的にやってるので、生活リズムではない行動なので、とてもわかりやすいです。

たったそれだけの事でも、メモで残しておくと「忘れてしまう」という事はなくなります。
その時は絶対忘れないから大丈夫!と思っていても、人間は1時間経つと結構な割合で忘れてしまうそうです。
それに、後から後から怪しげな行動や証拠が出てきた時、それに埋もれてしまって忘れてしまいます。
自分の記憶を呼び覚ますきっかけにもなるので、必ず日記やメモで残しておいてくださいね。

日記やメモを書く事でいい事は、もっとあります。

例えば、旦那さんが飲み会と言っていた日や同僚と出掛ける、一人で出掛ける、会社の行事がある、など、帰りが遅かったり、朝帰りだったり、一旦家には帰って来たけどまた外出したなど、カレンダーのメモ程度で全然いいので、記録しておくといいです。

後から、もし辻褄が合わない事が出てきた時、それで確認できます。
いわゆる答え合わせですね。

意外と、この毎日の動向や生活リズムを把握しておくのは大切です。
ちょっとでもおかしいなーと思った時は、どうしておかしいと思ったのか、という理由と一緒に書いておくと更に思い出しやすいです。

あ、言われてムカついた事とか、言われた文句とかも書いておくと尚いいです。
私なんかは、その言葉を思い出しただけで、その時のシチュエーションが思い浮かんで毎回旦那死ね!と思うので、かなりおすすめです。笑

日記を書いたり、メモを残したりなんて気長すぎる―――と、思うかもしれませんが、そんな間にもポロッと証拠が見つかったり、思わぬところで情報が手に入ったりするので、コツコツと毎日積み上げていくのが大事です。

ちなみに、日記やメモを書く時は、PCや携帯電話に残すのではなく、ボールペンで手書きで書いておくと離婚調停や離婚裁判になった時に証拠として認められます。
なぜなら、PCや携帯電話は書き換えが出来るという理由で証拠としては弱いからです。
あと、今流行っている消せるボールペンや鉛筆も書き換えが出来るので、消せないペンを使って書いてくださいね。

 

パソコンは意外に穴場

 

あと、自分の力で調べられるといえば、パソコンですね。
これもパスワードを掛けている可能性が高いので、携帯電話の時と同じように

「写真を印刷したい」
「調べたい事があるから貸して欲しい」
「どうしても使わなければいけない用事がある」

とかなんとか、色んな理由をつけて聞き出してください。
多分、携帯電話よりは簡単に貸してくれます。
まあ、その分、証拠もない可能性も高いですが。

パソコンを使えるようになったら

・検索、閲覧履歴を調べる
Internet Explorer、Googleで検索したり閲覧したサイトを調べます。Internet Explorer
ブラウザの右上にある☆マークをクリック

履歴タブで最大2週間前までの履歴が見れるGoogle
ブラウザ右上にあるGooglechromeの設定を押す

履歴で見れる

 

・予測変換を調べる
YahooやGoogleの検索ページを開いて、「あ」から順に入れていく。
気が長い作業なので、単語にアタリをつけて調べた方がいいかも。例)
ラブホテル → ら
慰謝料 → い
クリスマス → く

 

・SNSを調べる
これは、PCではなくても自分の携帯電話からでも調べられます。Facebook
Google+
Twitter
Instagram
mixiパソコンでcookieをオン(パソコンがIDやパスワードを記憶している)にしていると、ダブルクリックや↓ボタンを押すだけでIDとパスワードが出てきます。
出てきたらこっちのものです。笑

・LINEを調べる
ぶっちゃけ、これはおすすめできません。
パソコンからLINEにログインすると、もれなく携帯にも通知されるので、設定に自信がない人やよくわからないといった方は辞めておいた方が無難です。それらをすべてクリア出来るなら、ログインしてトーク履歴をダウンロードしたり、怪しいトークルームのスクリーンショット(パソコン画面を撮影する)ボタンを押して画像を印刷や携帯電話に送信しましょう。
・写真を調べる
携帯電話のバックアップとしてパソコンに取り込んでいる人もいるので、あわよくば、的な感じですが、一応写真もチェックしてみて下さい。動画もあればぜひ。
前に2ちゃんまとめで、パソコンに浮気相手の写真とか最中の動画とかをバックアップで取っていたという例もあるので、期待せずに念の為確認してくださいね。

旦那がパソコンを使っていないとなんのこっちゃ?という感じですが、割とパソコンは携帯電話と比べるとセキュリティの意識が低い気がします。
でも、意外とパソコンも侮れませんよ。
ものすごいマメな人じゃないと、閲覧履歴とか予測変換とか、毎回絶対削除しないですもん。

あと、中には浮気相手との行為を動画として取っておくのが趣味という人もいらっしゃるみたいなので、バックアップとしてパソコンに取り込んでいるという可能性もなきにしもあらずです。
まあ―――そんなのがあったら、レッドカード3枚ぐらいな勢いですけど。笑

くれぐれも、証拠を探すという事は、

いかに相手に知られずに探すか

というのが肝になってきますので、少しでも不安や相手にバレるかも……と思ったら、すぐに撤退してください。深追い禁物です。
知りたい気持ちはわかりますけどね。
証拠が揃っていないうちにバレてしまったら元も子もないので、あくまでも慎重に行動すること、です。

メモ

携帯電話以外で調べられること
・日記やメモを出来るだけ残すこと
・パソコンでも調べられるが油断は禁物
・相手にバレそうになったらすぐに撤退

 

浮気や不倫の証拠集めのつづき↓

旦那の浮気の証拠集めを自分でする時はリスクをわかった上でするべし
お金を掛けずに浮気や不倫の証拠集め その1↓ お金がなくても、浮気や不倫の証拠を探す方法は、まだまだあります。 どんな小さな事でも、塵も積もれば山となる。 たとえ、それが弱い(肉体関係なし)証拠でも、それをきっ...