旦那の浮気のその後が水面下で続いていたのが発覚して思ったこと

リアルタイム日記

↓前回のできごと

離婚の話し合いに必要なのは第三者の客観的な意見だという事を実感した
こんにちは、やまえみです。 娘が8歳になりました。 ついでに、離婚を切り出されて1年が経ちました。 正直な感想は、当たり前なんですが1年ってあっという間だなあ、と。 そもそも、この1年、目まぐるしく色んな事がありすぎて、1年...

 

こんにちは、やまえみです。
前回、

旦那が娘を連れて出掛ける

娘と二人でたくさん遊びたいから実家に泊まると言い残し早2日

偶然、駅前で旦那父(義父)にバッタリ会う

え?息子も孫も泊ってないけど?

誤魔化せなくなったので、義父にこの一年の出来事をカミングアウト

義父と日を改めて話そうとその日は別れたが、待てども旦那と娘は帰って来ない

夜中に旦那一人で、娘の着替えや夏休みの宿題を取りに戻って来る

え?娘は?どこ?というか、なに一人で帰って来てるんだよクソが

お前には関係ないばかりを繰り返すので、義父召喚

義父が旦那を大説教し、明日は絶対帰ると約束する←前回ここまで

 

とまあ、次の日に娘が帰ってきまーす!という感じで前回の日記は終了したわけなんですが、実は、次の日にも旦那と娘は帰って来ませんでした。

あれだけ、義父に説教を食らったのにも関わらずですよ?
夜の11時近くになって、LINEを寄越したわけです。

「明日の娘の習い事休ませられない?」

このたった一言ですよ。本当クソ。
つーか、今日帰るって昨日(というかその日の朝)義父に約束してたはずなのに、すでに約束破る気満々ですよ。

「無理です。とりあえず、今日は帰って来てください」

と返事をすると、もうここから30分ぐらい、コイツ狂ってんじゃないの?と思わざるを得ないような同じ事ばっかり繰り返し始めました。

 

「どうしても、もう一日娘と二人で遊びたい」
「習い事どうにかならない?」
「明日も休みをもらえたから、娘と遊びたい」
「なんとか習い事を休ませて」

 

本当、こっちの話をまったく聞かず、延々と娘の習い事を休ませろコールですよ。
というか、そもそもお前、昨日お義父さんに絶対今日帰るって約束してただろうがよ。
あまりにも話が通じず、LINEでのやり取りも面倒だったので、電話するも出ず。電話をくれと言ってもくれず。
ただ、ひたすらLINEで娘の習い事を休ませろって言うわけです。

ね?頭おかしいでしょ?

もういい加減、同じ事しか言わなくて会話にすらならないので、妥協案として

「もう遅いし、今日は泊ってきてもいいけど、習い事は月末だし休ませられないから、約束破りだけど明日の昼過ぎに帰ってきてくれない?」

習い事の時間は夕方だったので、とりあえず―――まあ、本当になんでこっちが妥協しなきゃいけないのかも納得いきませんでしたけど、折り合いをつけるために案を出してやったわけです。
そして帰ってきたLINEは

「明日どうにかならない?」

本当、お前人の話聞いてるのか?と。
一方的ですよ、一方的。
こちらの言い分なんて端から聞く気もなく、ゴリ押ししたらどうにかなると思ってる態度ですよ。
もうこっちが折れるまで、要求ばかり言う作戦ですよ。

言い方悪いですけど、娘を人質に取られてるようなもんですからね。
私も悪い方、悪い方に考えちゃって、このまま娘が帰って来ないんじゃないか、と思い始めるぐらい切羽詰まっていて。
いや、だって、このまま旦那が娘を連れ去って親権への実績作りをされたら、私、完全に不利ですしね。

居場所もあやふやで、旦那は同僚(男)の家に泊まっているって言ってましたけど、私とお義父さんの見解だと、そんな、ほぼ初めて泊まるような同僚の家に娘を一人にして、娘の荷物を取りに来るとか普通の親だとありえないですからね。
娘は寝てるし大丈夫って旦那は自信満々に言ってましたけど、そもそも、なんでほとんど知らない他人の家に娘を泊まらせるんだと思いますしね。

血の気が引くというか、私、大パニックですよ。

冷静に居場所を聞いたら、今日はホテルに娘と泊っているっていう返事が来たんですが、これも胡散臭いな、と。
だって、あれだけ義父に説教されたのに、帰って来ないでもう一日泊るとか、最初から約束を反故する気でいたんだなー、としか思えませんし。

いい加減、話が通じないし、娘の安全を考えて、結局私が折れました。
とりあえず、

  • 明日には絶対に帰って来ること
  • 約束を破ったのは覚えておくこと
  • この事は義父に報告する

という事を伝え、私は義父に連絡しました。
すると、次の日の朝、義父から少し話がしたいと連絡が来たので、マンツーで話をする事に。

正直、私は義父はそんなに信用していません。
確かに、心配してくれて、親身になって話を聞いてくれてますけど、所詮は息子の嫁。
最終的には、私は義父は息子の味方になると思っています。

これは、私も子供を持つ親として思う事なんですが、やっぱり自分の子供は可愛いし、何がなんでも味方になってあげたいと思うし、ぶっちゃけ、どちらが悪いとか関係ないんですよね。
ただ、自分の子供だから無条件に味方になる、という心境というか。
私がもし義父の立場なら、嫁には同情はするけど、最後はやっぱり自分の子供―――ってなると思うんですよね。

だから、そのうち敵になるとも思っています。

ま、所詮は嫁だからね。
血は繋がってないし、育ててもらってもいないし、たかだか数年間、縁あって上辺だけの付き合いをしてきただけですからねー。
そりゃ、自分の子供の方に思い入れがあるに決まっています。

それでも、今は客観的に話を聞いてくれてはいるので、第三者の意見を求めるという事も大事だろう、と割り切って、包み隠さず伝えています。
あくまでも、私の気持ちや時系列を整理するために利用させてもらっている感じです。

そんな義父と二日連続で話す事になりました。
ほとんどは前の日に話した事の整理と、今後をどう考えているかという事を聞かれたんですが、義父は一貫して

「母親と子供が離れて暮らすというのは考えられないし、それは最低ラインとして考えてるし、絶対それはさせない」

とは言ってくれてるんですよね。
というか、旦那に説教した主な原因はこれでした。
まあ、相変わらず旦那は育児放棄してるのにも関わらず、義父にも親権を主張したわけです。
自分は親権は不利なのはわかっているけど、娘と二人で暮らしたいとか言うわけです。
すると、義父は

「お前は馬鹿か?孫(娘)を産んだのは誰だ?やまえみさんだろう?お前、母親と子供を引き離すとか絶対ありえないよ。それは絶対しちゃいけない事だ」

いいぞ、もっとやれ。

とか心の中で思っていたのは内緒です。笑
それが義父の本心かどうかはわかりませんが、旦那に対して苦言を呈してくれたのは、ありがたかったです。
私が言っても、全然こっちの話聞いてくれないからね!

ともかく、その日も義父はそう熱弁してくれました。
あと、ものすごく余談ですが、話の流れで義父が昔一度だけ浮気をしたという話もされました。笑
ていうか、この流れでよく言えたな!と思いましたが、まあ、義父なりに懺悔したかったんでしょうね。

ちなみに、義父の浮気がバレたのは、浮気相手からもらった手紙を通勤鞄にいれていたのを、義母に見られたからだそうです。
そして、ある日家に帰ったら、玄関で義母に顔面ぶん殴られたそうです。笑

義母すげー!

ま、今はね。
義母は重い病気なのもあり、義父が献身的に看病してるので、傍から見たらいい夫婦なのかもしれませんけど、何故、今、この流れで私に言ったのか、よくわかりません。笑
え?私も旦那の浮気ぐらい大目に見ろよって言ってんの?と深読みするぐらい、意味不明です。

そんなこんなで、色んな話をして、旦那が同僚(男)の家の泊まっているのは嘘ではないか、という見解になり、とりあえず、今日も帰って来なかったらまた連絡して欲しいと言われ、家に帰りました。

夜になり、やっと、やっと娘が帰って来ました。
四日ぶりに娘の顔を見ると、娘が泣き出しました。

「ママに会いたかった!」

私もだよ!
というか、本当、娘を連れ回しやがって、このクソゴミ旦那が!と思いつつ、娘が泣き止むと、この四日間であった出来事をダイジェストで教えてくれ始めました。

「あのね、パパに浴衣買ってもらって花火もしたよ」
「うんうん」
「あとね、ローラースケートもしたよ」
「うんうん」
「プールにも行ってきた!」
「うんうん」
「あとは、××ちゃんと遊んだ!」

うんうn……え?

××ちゃんって誰だ?
初めて聞く女の子の名前でした。

最初は、ちょうど一年前にクソ旦那が「お前のママ友と一緒」というわけわかんない理由で会社の同僚(女)と出掛けていた時に会った、その同僚(女)の子供かと思ったんですが、名前が違う。
ということは、だ。

新たな浮気相手出現!?

ここでですね、いつもなら私と娘の会話に絶対入って来ない旦那が何故か会話に入ってきたんです。
もう、これだけで怪しいでしょ?笑
果たして、ただ単純に会話に加わりたかっただけなのか、はたまた、娘が下手な事を言い出さないための監視のつもりで会話にINしてきたのか。

これ、後者のやつやん。

だってさ、娘がマシンガンのごとく話し始めた途端、不自然に

「一番、どれが楽しかった?」とか
「今度また行きたいのはどれ?」とか

明らかに娘の会話を誘導しようとしてたからね!
でも、うちの娘、そういう時、全然空気読まないタイプ。残念。

「プールが一番楽しかった!それでね、××ちゃんのママがこう言ってたんだよ」

ホー
××ちゃんのママもいたのか。

ある程度予想していたので、あまりの予想通りの展開に、もうショックとか絶望したとかそういう気持ちはないという事に逆にショックを受けたというか。笑
無ですよ、無。

とりあえず、今わかったことは

 

娘と二人で遊びたいと散々言ってきたのに、二人ではなかった
どうやら、××ちゃんと××ちゃんのママとずっといたらしい
会社の同僚(男)の家に泊まったという話はやはり嘘のようだ

 

うん、相変わらずクソ。

で、ですよ。
次の日、朝起きてテーブルの上を見たら、子供が使うような小さな鉛筆削りが置いてあったんです。
旦那はすでに仕事に行ってたので、多分、気付かなかったんだろうね。
だって、気付いてたら、絶対隠してたはずだもん。
その鉛筆削りに、ものの見事に娘ではない子供の名前が書いてあったからね!

ちょうど一年前に会ってた同僚(女)の子供の名前だったんだもん♪

はい、名探偵やまえみ登場。
おかしいと思ったんだよねー。
××ちゃんなんて、初めて聞く名前だったし、しかもその名前、娘が帰ってきた時に欲しいと言ってた漫画の主人公の名前だったんですよね。
※ちなみに、欲しいと言ってた漫画は、カードキャプターさくらで、遊んだ友達は「さくらちゃん」と呼んでました。

突然欲しいと言った漫画の主人公と同じ名前とか偶然過ぎない?とちょっと思ってたんですが、やっぱり当たってましたねー。
うん。
とりあえず、スマホでその鉛筆削りの写真撮った。

その後、娘と何気ない会話をしている時に、娘がまた「さくらちゃん」って言いだしたんですよね。
ああ、もうこれは聞くべきだな、と思い

「あのね、さくらちゃんじゃないよね?その子。本当は、〇〇ちゃんじゃないの?」

すると、娘は一瞬固まって

「え?なんでバレてるの……?パパに内緒って言われたのに」
「まあ、ここにある鉛筆削りに名前が書いてあるからねえ」
「そうなんだ……うん。本当は〇〇ちゃんだよ」

娘の話を総合すると

〇〇ちゃんと〇〇ちゃんママは、やはり一年前に何度か出掛けた親子
〇〇ちゃんの家にずっと泊まっていた(ホテルは嘘)
パパと〇〇ちゃんママが仕事に行っている間、〇〇ちゃんと二人で留守番をしていた
すでに最初の日の夜から〇〇ちゃんと遊んでいた(はなから実家に行く気はなかった模様)
ママにバレると〇〇ちゃんに二度と会えないから偽名で呼ぶように言われた

 

あー、もう救いようのないクズだ。人間のクズ。
もう、人として終わってる。

やはり、私の予想通り旦那は浮気相手の家に娘を泊まらせて、しかも留守番までさせてました。
つーか、旦那が仕事休みって言ってたのも嘘だったのか。
まあ、それは義父とも本当は仕事に行ってるんじゃないか、と言っていたので予想通りだけど。

「パパに言う?ママが〇〇ちゃんの事わかっちゃったって」
「言わないよ。だから、ママがこの事を知ってるって事はパパに言わなくていいよ」

そう言うと、娘はホッとしていました。
あーもう、本当、親として最低最悪だよ。
やっていい事と悪い事の分別ぐらいつくと思ってた私の認識が甘すぎたのか……。

100歩譲って、浮気相手と水面下で続いていたってのは置いといて、最低限の約束すら守れない、人間として最低限のルールさえわかってないのが自分の旦那とか、どんな悪夢よ。

そういえば、義父がボソッと

「一つ嘘をつくと、その嘘に対して辻褄を合わせようとしてまた嘘をつく。息子はその状態だな」

って言ってたんですよね。
まさしく、その通りです。
私はもう、クズ旦那の事は信頼も信用もしていないので、だいたいの話は9割は嘘だと思っています。
オオカミ少年ですよねー。
一度ならずも、二度も三度も、それ以上も嘘をつかれ続けたら、そりゃ信頼も信用もなくなります。

まさか、ここまでとはな。