離婚を今すぐ決断できないのなら自分が納得いくまで決断しなければよい

体験日記

前回のあらすじ↓

離婚できない理由を考えるのではなく離婚するためには何が必要かを考えること
前回のあらすじ↓ ワンオペ育児と家事の対価 改めて考えると、専業主婦ってものすごーーーくリスクが高いですよね。 でもね、 ・実家が遠くて親を頼れないとか ・旦那の親も病気で頼れないとか ・保育園激戦区で、とてもじゃな...

離婚は自分が納得するまで決断しないこと

ママ友と親友に話せて、多少の安息を得た私ですが、やはり気持ちは一瞬だけスッキリするものの、根本的な解決にはなっていないわけで、私はその他にも救いの手を探していました。

まず、何からすべきかと考えました。

私は、ぶっちゃけ今の時点では自分の気持ち的には再構築はないな、と思っています。

そりゃ、お互い努力をして夫婦関係を再構築出来ればいいですけど、私みたいにこれだけ舐められて、これだけの暴言を吐かれて、これだけの人格否定をされたら

再構築ノーサンキュー

ですよ。
そんな今更すり寄られてきても、モラハラのハネムーン期としか思えませんよ。
絶対またいつか繰り返すんですよ。この手のクソは。

でも、子供のために再構築を選ぶという気持ちもわかるんですよねー。
だって、子供には私、旦那の悪口言った事ないですし(クソ旦那は私の悪口を言ってる)、私が娘が小さい頃から旦那を持ち上げてきたお陰で、パパ大好きですし。

そんな娘にこれからもずっと3人で暮らしたいと言われたら、親として最優先させるべきは自分の気持ちではなく、子供の気持ちなんですよねー。

だから、自分の気持ちを押し殺して再構築という茨の道を選ぶ人がいるのもわかる。

夫婦仲が悪いと子供が歪むとか
母親が幸せじゃないと子供も幸せじゃないとか
将来、子供の結婚観に影響があるとか

確かに一理あるかもしれないけど、私には綺麗事にしか聞こえないんですよね。
実際、子供に泣きながら3人で暮らしたいとか懇願されたら、心が揺れますよ。
絶対離婚してやる!と思っていても、子供の涙を見たら日和っちゃいますもん。

だからこそ、離婚を決断するのは私は時間をかけていいと思っています。
私なんか、離婚を切り出されてからすでにあと数ヶ月で1年ですよ。1年。
1年近くも答えを出さずにずーーーっと考えているわけです。

どんなに離婚を迫られても
どんなに暴言吐かれても
どんなに無視されても

自分が納得いくまで絶対に首を縦に振っちゃダメよ。
どんな手を使ってもさっさと自分のためだけに離婚したい人は、罪悪感なんかこれっぽっちもないから、相手の気持ちを考えるだけ無駄です。
無駄無駄無駄無駄ァ(ジョジョ)

むしろ、売り言葉に買い言葉で、あっさり離婚を承諾したら

「あ、こいつチョロい」

と思われるだけなので、自分と子供の気持ち一番で、取るもの取って、自分が納得できるまでとことん色々調べて調べて調べまくりましょ♪

浮気を調べるならやっぱり探偵

というわけで、私は最初にやはり旦那の浮気相手を調べる事にしました。
正直、慰謝料は期待していないけど、証拠を集めておいて損はありません。

さて、何からしよう―――

その頃、私は旦那が利用したと思われるETCカードの履歴を入手していました。
まあ、入手というかクレジットカードの利用明細のお知らせがメールで来るタイプなので、勝手に手に入ったんですけど。笑

今まで家族で出掛ける以外、ETCカードなんて使った記憶がないのに、突然降って沸いたような履歴。
仕事なら社用車で行くので、家の車を使っているという事は明らかに私用。
しかも、利用時間が夜中の0時とか、怪しさ満載。さらに、ETCカードの目的地はお台場。

夜のお台場とかデートスポットやーん!

みたいなね。笑
なんだろう……何で、こんなに脇が甘いんだろう?
私でも探偵になれちゃう☆

確か、その日は会社の人と飲みに行くと言って、土曜日に一度家に帰ってきてから、自分の車で出掛けたんですよねー。

まあ、お約束通り

「本当にそれは会社の人(男)と出掛けた」

って言ってましたけど、男二人でお台場ドライブとか何の罰ゲームよ。
誰が信じるか、クソが。

そんな証拠を入手したので、次は何をすべきか考えました。

探偵に相談しましょ、そうしましょ

やはり、浮気と言えば探偵や興信所が真っ先に思いつきますよねー。
相手の素性を調べて怪しそうな日に当たりをつけて探偵に依頼するとか、自分で出来ない部分は探偵に頼む、とかアリですよね。

そう思い、私はとりあえず興信所を調べまくり、その中の一つに問い合わせをしてみました。
だいたいの興信所の無料相談は、匿名OKなので、割とハードルが低いと思います。
軽い気持ちで相談するのでも全然OKな感じ。

相談は、基本的にメールでのやり取りでした。
が、途中、電話で話せませんか?と言われましたが、子供が長期休みなのもあり、無理!と断りました。
もし、電話で話せる環境なら、メールより全然話が早いし説明も楽なので、電話の方がいいです。

私の相談に乗ってくれたのは、女性の探偵さんでした。
回数的には3回ぐらいのやり取りだったんですが、所々に「大丈夫ですか?」とか「お気持ちわかります」とか言われてホロリときました。
マニュアルかもしれないけどね!笑

そもそも、私が探偵に相談してみようと思ったのは、依頼するしない以前に、旦那の行動は果たしてまったくの他人の目から見てアウトかセーフかというのを聞いてみたかったというのもあります。

いやー、散々私の方がおかしい!的な事言われてたからね!
うっかり私の方がおかしいのかも……と思ったりしてたからね!

そんな思い詰めた私に女性探偵さんは、

「あ、それアウトですねー」

と、あっさりバッサリ言ってくれたので、自信を持って進めてみようと思った矢先に、旦那の方から自白したので、結局は探偵に依頼する以前に、探偵にただ話を聞いてもらっただけになりましたけど。笑

でも、前にも言いましたけど、一人で悶々と悩むよりは赤の他人にでも聞いてもらった方が「正常な判断」が出来ると思うんですよね。
だって、一人でグルグルと考えてたら、ただネガティブになって落ちていくだけですし。笑

それこそ、吐き出したいだけなら2ちゃんねるで吐き出してみたらいいし、誰かに聞いて欲しいなら私みたいに探偵にメールしてみてもいいと思うんですよねー。

「正常な判断」って、自分では大丈夫!と思っていても、他人からみたら全然大丈夫じゃなかったりしますからね。
流されちゃダメですよ。流されちゃ。

 

つづきはこちら↓

浮気調査を自分でする場合のGPSの選び方と設置方法は慎重にすべし
前回のあらすじ↓浮気調査の鉄板のGPS選び探偵にメールの他にも、私はGPSを使って旦那の行動を調べようとしました。ちなみに、GPSとはグローバル・ポジショニング・システムが正式名称らしいです。笑この頃には普通に週2ぐらい帰って来...