父親に親権がいくパターンも想定して日々の積み重ねの既成事実を作っておくこと

体験日記

前回のあらすじ↓

浮気の証拠がなくても焦らずに!浮気をしている人は必ずボロを出す
前回のあらすじ↓ 八方塞がりの時は朗報を待つべし さて、今まではすべて去年の夏~年末にかけてのお話でしたが、ここからは年明け、つまり今年のお話をしますね。 以前のお話の通り、私と娘は年末年始にかけて私の実家(北海道)に帰省...

浮気の証拠はSNSのおかげ

というわけで、前回まさかの「いいね!」で浮気相手の名前がわかったわけですが。
いやー、時代ってすごいね!

私、実はインターネットを始めたのは本当に初期の初期で、Windows95が発売された翌年に新卒で入った電器屋で、私、パソコン売ってたんですよね。
その頃、女性がパソコンを売っているのが全店舗で私ぐらいしかいなくて、何故かマイクロソフトのローカルCMに出るはめになったり、ええ、ストーカーもされました。笑

たまたま接客した大学生ぐらいの男の子が満面の笑みで数日後にバイトの面接に来た時は驚愕しました。笑
「お前のせいだぞ!」ってフロア長に責められました。笑

まあ、携帯電話コーナーにいた同僚も医者にストーカーされていたので、割と珍しい事じゃなかったのかもしれません(んなわけない)
今の時代にそれやられてたら、接近禁止命令出ちゃう。

そんな流れでパソコンを買って、ISDN回線引いて、当時はテレホーダイタイムという夜11時~翌朝までの一定料金の時間しか出来なくて(それ以外の時間はありえないぐらいの金額)、でも、ネットゲームとかチャットとかいっぱいしたんですよねー。

もちろん、今でいうSNSなんてない時代だったので、もっぱら私はチャットばかりしていて、今では珍しくないオフ会なんてのも20年前から行ってましたしね。

ただ、チャットって管理者が許可しないと入れない閉鎖空間なので、不特定多数に個人情報が漏れるというのはあまりなくて、今の時代のSNSは不特定多数が見れる状態で、写真やちょっとした情報で特定されちゃったりするので怖いですよねー。

娘の小学校の写真撮影でさえ、わざわざ許可を取るプリントが来ますしね。
写真を写してもOKな行事に〇を付けてください、とか言われるんですよね。
例えば、学校の広報誌に写真載せるのは〇か×か、とか、ホームページに載せるのは〇か×か、みたいな―――めんどくs……いやいや、個人情報に神経質な感じなのに、旦那の浮気相手のように「いいね!」しちゃうとか危機感ないですよねー。笑

ネットリテラシーが低いというか、親が子供の写真をFacebookに載せちゃうとか、子供に選択権ないじゃないですかー。
「うちの子可愛いでしょ?」とか言いたいのはわかるけど、その写真が海外の違法サイトとかで使われたらどうすんのかなー、とか余計なお世話を考えちゃうわけですよ。笑

ま、今回は「いいね!」のおかげで本名もわかりましたし、危機感のなさに感謝ですが、改めてSNSの使い方ってちゃんと考えないと怖いなーと思いました。

親権を要求するからにはそれなりの覚悟が必要

さて、年が明けてあまり動きがなかった離婚の話し合いですが、4月中に入ると旦那が再び切り出してきました。
もうね、相変わらずの平行線。交わる気配なしですよ。

あまりにも話が進まなかったので、私はこう言いました。

「もうさ、二人で話していても平行線なんだから、お互いの親に介入してもらおうよ。今までの事を全部親に言って、それでどうするか考えるっていう段階に来てると思うよ。うちの親にも来てもらうからさ」

「つーか、親関係なくない?」

出た!十八番の関係なくない?
もう相手をするのも面倒な段階に来ている私ですが、こちらが畳みかけたら意固地になって逆ギレされる可能性大なのでね。プライド高いからね!
なので、あれですよ。対子供仕様ですよ。

「はいはい、そうでちゅねー」的な。

「どうして関係ないと思うの?そもそも、結婚って、家と家同士が繋がるものでしょ?私は親に筋を通すのは当たり前だと思うよ」

すると、クソ旦那、何て言ったと思います?

「うちの親はそれぐらいお前(旦那)が我慢して離婚なんかするなって絶対言うから、親には言いたくない!」

自分が悪いって言ってるようなもんじゃねーか!

後ろめたい気持ちがあるから、親に言いたくねーんだろ!
自分の非を認めちゃってるじゃねーか!

あ、口悪いですね。すいません。笑
衝撃でした。衝撃。

だって、自分から離婚をしたいって言うからには、確固たる離婚出来るという理由があるからですよね。
クソ旦那の場合は、私と性格が合わなくて、旦那曰く自分は今まで最大限努力したけど私が変わらなかったから、もう無理!みたいな理由ですよ。

それなら、普通自分の親にもそう言えばいいのに、強く出られないのは、私が浮気をしているという事を親に言われると思ってるからなんですよねー。
私=悪として離婚したいのに、浮気してるとか言われちゃったら、「お前も悪いだろ!」って言われちゃうからなんですよねー。

親を介入させなくて二人で決めたから!って押し切っちゃえば、私=悪で離婚出来ると思ってるわけですよ。
だから、親は関係ないとか言っちゃうわけですよ。

「あとね、私達が最優先させるべき事は、娘の意志や希望だとは思わない?娘が三人で暮らしたいって言うなら、その希望を親として私達は叶えるべきだと思わない?」

もう気分はカウンセラーですよ。
なんでこんなクソにわざわざ優しく語り掛けなきゃいけないのさ。
バイト代でももらわないとやってられんわ。

あー、そういえば、旦那が頑なに要求するのは娘の親権です。

「娘と離れたくない……」

とか泣き出して、私、ドン引きですよ。
お前、どの口が言うんだ、と。

お前、今日帰ってきたの二週間ぶりだろが
お前、しかもその二週間一切連絡なかっただろが
お前、その間浮気相手にホワイトデーのお返ししてただろが

本当、どの口が娘と離れたくないって言うんだか。
お前の方が娘から離れてってるじゃねーか!と叫びたい気分ですよ。
そんなに泣くぐらい大切なら、家に帰ってくりゃいいでしょうがよー。

それで、このクソは「もう調停とか裁判とかしかないのかな」ほざいてるわけですよ。
流石の私もキレましたよ。今までキレなかったのを褒めたい。

「あのね、調停でも裁判でもしたいならすればいいと思うよ。でも、もし調停とか裁判であなたが負けた場合、私はその時点で二度と娘に会わせないから、それでもいいなら調停でも裁判でもすればいいと思うよ」

「え……」

「よーく考えてみて。自分が仕掛けて負けたのに面会権を要求するって図々しいと思わない?それだけ私や娘を振り回しておいて、どの面下げて娘に会いたいとか言えるわけ?」

「じゃあ、親権渡したら娘には面会できるの?」

「まーそうだね。でも、場合によっては私、実家(北海道)に帰るけどね」

「どっちにしろ会えねーじゃねーか!」

バレたか(テヘペロ)

ただ、私の言葉は重かったようで、旦那はそれから黙り込んでしまいました。

いや、だってさ、私そんなにお人好しじゃないのよ。

調停とか裁判で親権を争って父親が親権を獲得する可能性は今までの判例からしても母親よりも低いわけですよ。
特にうちの娘はまだ10歳以下なので、母親によっぽどの非がない限り親権は母親になる可能性が高いわけで、それを旦那も調べて知っているはずなんですよ。

それなのに強行して調停とか裁判とかするって事は、それなりのリスクがあるってわかってやるわけですよね?
調停とか裁判に負けたから、じゃあ娘と面会するだけでいいよ、とか言われても、はあ?なわけですよ。

調停とか裁判をする間、私や娘は精神的な負担を強いられるし、時間だってお金だって掛かります。

その結果、僕ちんは調停とか裁判負けたけど、父親だから娘とは面会出来るよね?ね?

と言われても、だったら最初から親権争いなんかせずに面会権交渉すれば良かっただけの話で。
私や娘のメンタルや時間、お金返せよ、と。
のうのうと負けたくせに面会させろとか虫が良すぎるんじゃねーの!?とか思うわけです。

親に言うのも嫌だ
親権渡すのも嫌だ

もう、イヤイヤ星人ですよ。
早く自分の星に帰れ、クソが

つづきはこちら↓

離婚の準備期間に期限はないので自分のタイミングで主導権を握るべし
前回のあらすじ↓ 変わった私と変わらない旦那 結局、それ以降は話し合いはしておらず、現在に至ります。 相変わらず、クソ旦那は全然帰って来ません。 5月はとうとう2回しか帰ってきませんでした。 気まぐれに帰ってきて、娘と...