離婚の準備期間に期限はないので自分のタイミングで主導権を握るべし

体験日記

前回のあらすじ↓

父親に親権がいくパターンも想定して日々の積み重ねの既成事実を作っておくこと
前回のあらすじ↓ 浮気の証拠はSNSのおかげ というわけで、前回まさかの「いいね!」で浮気相手の名前がわかったわけですが。 いやー、時代ってすごいね! 私、実はインターネットを始めたのは本当に初期の初期で、Windows...

変わった私と変わらない旦那

結局、それ以降は話し合いはしておらず、現在に至ります。

相変わらず、クソ旦那は全然帰って来ません。
5月はとうとう2回しか帰ってきませんでした。
気まぐれに帰ってきて、娘と遊んでほなサイナラみたいな、月1~2回家に来るおっさんに成り果てています。

来月はとうとう一方的に離婚を切り出されて一周年記念です。笑
いやー、もう一年経っちゃったのね、という感じ。

正直、今の生活って私にとっては、ものすごーーーく楽なんですよね。
だって、旦那の世話を一切しなくていいし、顔を合わせなくてもいいし、娘と二人暮らし最高ー!みたいな。

ただ、今の状況を娘は半分わかって、半分わかっていない感じなので、可哀想な事をしてるな、と。
パパが帰って来ない=仕事が忙しいと説明しているので、普段はあんまり旦那の話はしないんですよね。
まあ、多分娘なりに私に気を遣ってるんだと思うんですが。

私もまさか一年前に離婚を切り出されるとは思ってもいなかったし、それまではお互いの心の中の不満はさておき、本当にごくごく普通の夫婦だったんですよねー。

娘が幼稚園や小学校に行っている間にランチを食べに行ったり、買い物に行ったり、旦那の休みの日は家族で出掛けたり、旅行に行ったりしてたんですよね。
ね、別に普通の夫婦で家族でしょ?

あー、でも旅行に関しては、私が企画、予約とすべてお膳立てしてクソ旦那は車を運転するだけのミッションだったのに、段取りが悪いばっかり言ってましたけどね。
しかも、たまーに自分的に楽しかったら

「お前にしてはがんばったな」

みたいな、何故か上から目線で誉め言葉なのそれ?的な。
つーか、段取り悪いって毎回毎回言うなら、自主的に準備や持ち物のチェックとかすりゃいいのに、それは自分の仕事じゃないとかほざいてましたよ。クソが。

こちらから提案すれば、必ず一言文句を言わなければ気が済まないみたいな感じなのに、自分からは提案は一切しないとか本当、クソまみれなちっちゃい男ですよ。

まあ、私が付け上がらせちゃったのも悪かったんですけどね。
いつも、私が下手に出るから、なんか勘違いしちゃったんでしょうね。
金稼いでる=偉いと昭和な時代遅れの発言とかしちゃってますし、じゃあ、家事育児をしてる私は偉くないわけ?と反論したくなるわけですよ。

私の事、奴隷とでも思ってるんでしょうかねー?

旦那は私の事をよく「お前は子供が産まれてから変わった」って言うんですが、そりゃ子供産んで育ててたら変わらざるを得ないでしょうよ。
独身時代に付き合ってた頃みたいに頭をお花畑にして子供ほったらかして旦那最優先でキャッキャしてるお母さんがいたら、ヤベーでしょうよ。
子供を最優先にして何が悪いんだ。

むしろ、変わらない旦那の方がヤッベーぞ。

多分、旦那には理想があったんでしょうねー。
それなのに現実は自分を優先してくれない奥さんで、

私に理想を押し付ける→全然上手くいかない→何度言っても、何度注意しても上手くいかない(旦那曰く)→キレる→あ、別れよう

という思考だったんだと思います。
っていうか、ギャルゲーじゃねーんだから、理想押し付けんな。

でも、正直、私は自分が選んだ旦那がここまでクソでアホでゴミだったと、この一年でわかってよかったなと思います。
ま、ダメージ半端なかったけどね!

クソとかアホとかゴミとか今では普通に旦那の事を言ってますが、これでも私、旦那を立てていたし、旦那の意見を優先させていたし、旦那に注意された所は直そうと努力したりしてたんですよ。
まあ、それが旦那を調子に乗らせる原因になったのは言うまでもありませんが。笑

あ、ちなみに北海道の方言で「調子に乗る」というのは

おだってる

といいます(どうでもいい)
もー、アイツなまらおだってるーー!

そんな、なまらおだってる旦那ですが、ふと振り返ってみると、私、旦那の休みの日がいつしか憂鬱になってたんですよ。
基本的にインドアな旦那は休みの日は私が誘わない限り外には出ません。
しかも、朝ご飯食べた後に「昼飯どうするの?」とか聞いてきたり、昼ご飯を食べた後に「夕飯どうするの?」とか必ず聞いてくるのが苦痛でたまりませんでした。本当、苦痛。

今ご飯食べたばっかなのに知らねーよ!

で、口ごもると、溜息をついて「本当に段取り悪いよね。さっさと今のうちに決めればいいのに」とか偉そうに言いますし、じゃあ、何か食べたいものある?と聞くと、「そうやって人に意見を聞いて楽しようとするのは良くない」とかわけわかめな事を言われ、じゃあ、これにすると決めたら、「またそれ?」とか言っちゃうようなクソっぷりを今思い出して、頭の中でデスノート書きました。笑

何というか、旦那が休みの日は本当に気が休まらないというか、何かしていないと文句言われる!みたいな強迫観念みたいなのがいつもあって、ふと冷静に考えると軽くモラハラされてたんだなー、と。
ま、本人にモラハラしている自覚はないんでしょうけどね。

自分=正義みたいな感じでいつも自信満々に言ってくるので、私も波風を立てたくないタイプなので、頭ではえー?そうかなー?と思っていても、それを口に出してしまうと反論がすごいんですよねー。
なので、面倒になって「あー、はいはい」って言ってたのも悪かったんですよね。

それは私だけじゃなくて、今まで育ててきた義両親も同じような感じだったんじゃないかなー、と。
ま、それを真に受けて生きている旦那の方が痛いですけどね!

 

家庭の問題は大なり小なり必ずある

統計を取ったわけじゃないけど、大なり小なり、表に出さないだけで結構問題を抱えている家庭は多いんだと自分に降り掛かって思い始めました。

私の親友みたく、旦那さんにDVされたという人もいるでしょうし、私のママ友の旦那さんは、ザ・昭和の男みたいな職人さんで、マジでちゃぶ台返しそうな感じで、いつも「あのモラハラ野郎」とか言ってますし。笑
生活費をあまり渡さず、自分はタバコ、酒、パチンコな軽い経済的DVな旦那さんもいますし、浮気や不倫している旦那さんもいますしね。

まだまだ、私は離婚を決断する段階には来ていませんが、この一年で旦那の本性を知れたのは唯一の収穫だったかなーと思います。
あと、旦那のゆるっゆるな浮気隠蔽を知らなかったら、普通にすぐに心が折れて離婚してたかもしれない。
知らないまま離婚しなくて、本当によかった。

というか、あんなゲスな事をした旦那は、はよ死ね

私、一時期、本当に毎日旦那が死ぬ事を妄想してたんですよねー。笑
今は毎日ではないですが、週一ぐらいで死ねと思ってますけど。

だって、旦那が死ぬと

住宅ローンはチャラになるし
離婚の面倒くさい手続きはしなくてよくなるし
一人親の手当ても貰えるし
適当に悲しい未亡人のフリしとけばいいし
娘と二人で毎日ハッピッピで暮らせるし

ああ、妄想が捗るわー。
でも、向こうも私が死ねばいいのにと考えてると思いますけどね。

まあ、それぐらい病んでいたんでしょうねー。
毎日、人の死を願うとか、どんだけ闇抱えてるのか、と。笑
それぐらい、私の中では旦那の存在自体が「不要」になりつつあるんですよねー。
だって、月に数回しか帰って来ない、娘の世話もせず親権だけを要求してくるクズなんて救いようがないでしょ?

ただ、これからは色んな意味で見極めなきゃいけない時期に来てるのかもな、と思います。
離婚する時期然り、娘と私の気持ちの折り合い然り。

この一年は、衝撃的な出来事が多すぎて、正直、私自身その事実を噛み砕いて消化するので精一杯だったんですよね。
冷静にもなれませんでしたし、一つの出来事を噛み砕いて消化したと思ったら、また次の出来事が襲ってきて、振り返る事すら出来なかった。

でも、こうして自分の気持ちを交えて体験日記という形で書く事によって、やっと冷静に現状把握と様々な出来事の消化が出来て、ようやく離婚に向けてのスタートラインに立ったという感じです。

ぶっちゃけ、アホみたいに軽いノリで書いてるように見えるかもしれませんが(まあ、実際アホな事いっぱい書いたんですが。笑)、この日記を書いた後はいつも気分が落ち込んだりもしましたし、書いてる時に色んな事を思い出して泣いたりもしました。

とりあえず、ここで一旦現在の時間軸に戻ってきたので、これからは過去ではなく現在の出来事や、私が体験してきた事などを書いていこうと思っています。

今現在、私と同じような状況の人が少しでも気持ちが軽くなりますように。
あと、旦那は死ね。