旦那の浮気が誰にも言えない時はどこでもいいから吐き出して発散すべし!

体験日記

前回のあらすじ↓

旦那の浮気をどうでもいいと思う理由を作ったのは旦那自身という事に気づいていない
前回のあらすじ↓ 自分の事を棚に上げて文句を言う人はろくでもない 「ちょっと!年末年始に二週間実家に帰るとかありえなくない?俺、父親なんだけど。父親に二週間会えないとかありえなくない?」 ありえなくない星人に捲し立...

第三者に話す事で救われることもある

 

話は前後しますが、以前、私が一番しんどかった事として

誰にも話せない

というのがありましたが、これは誰しもが感じる悩みなんじゃないかなーと思います。
だって、家庭の事情って他人に話しにくくありません?

 

夫婦仲が悪いだとか
旦那が浮気しているだとか
家には借金があるだとか
旦那の年収はいくらだとか

 

ベラベラと他人に話しにくいですよねー。親には心配させるので、もっと話しにくい。笑
下手すれば、悩みを話した人に言いふらされて噂になっちゃうかもしれませんし、一時的に悩みを言う事で少しはスッキリするけど、根本的な解決にはなってないですしねー。

私も、誰にも話せなくてしんどくはありましたが、元々警戒心が結構強く、自分の話はそんなにしない方なので、まあ何とか2か月ぐらいはやり過ごしていたわけですよ。

その2か月の間、私なりに普通にしていたつもりなんですが、やっぱり気づく人は気づくようで、

「やまえみちゃん、最近なんかあったー?」

とか、ママ友が聞いてくるわけですよ。

このママ友、ものすごくいい人で、私より少し年上なんですが、話も面白いし、顔も広いし、何より話していて私が楽しいんですよね。

ちなみに、このママ友とは娘の幼稚園で出会いました。
今でも週に何回かは公園で会いますし、月に何回かはランチにも行くし、毎週末はお互い旦那が仕事なので、晴れた日は公園で一緒に遊んでいます。

私が1週間ぐらい連絡しないと

「ちょっと!やまえみちゃん生きてるの!?」

と連絡してきたり、私や娘が風邪を引いたりすると「何か買い物ない?」とか聞いてきてくれる、非常に素敵なママ友です。
あ、「近くのスーパーで野菜安いよ!」と連絡もしてきます。笑

そんなママ友でしたが、やっぱり私は一線を画していたというか、ママ友と友達は違うので、家庭の事情は話せないでいたんですね。

そんなある日、私、本当に無意識に家に一人でいる時に声に出てたんですね

あー、旦那死ねばいいのになー

って。笑
いやー、無意識って怖いですね。

でも、逆に考えると、無意識に声に出るっていう事は、相当ストレスが溜まって、相当精神的にヤバイのかも!と思ったわけですよ。
まあ、いつも心の中では

デスノートがあればいいのに……キラ様に頼めないかしら……。

とか本気で思ってましたけど、自分の中で消化しきれないストレスが表面に出てきたんじゃないかなーと思ったわけですよ。
そんな時に、ママ友が

「やまえみちゃん、最近なんかあったー?」

と聞いてきたんで、あー、もう人に言っちゃった方がいいのかも、でも、言ったところでスッキリするのは一瞬だしなー、とかグダグダ考えてたわけですよ。でも、なんか吹っ切れて

ま、言っちゃうか

私、警戒心強いくせに、何故か楽観的なので、言いふらされたらその時はその時だな、と腹をくくってママ友に今までの旦那とのやり取りや経緯を話したわけですよ。

あー、スッキリした。

うん。これだけでも、話した甲斐があるというか、話せてよかったなーと。
別に答えが欲しかったわけではなく、ただ聞いて欲しかっただけなので、スッキリもしたし、張り詰めていたものも楽になったし、あーよかった、と思っていたら―――ママ友が一言。

「旦那、クソだな!」

あ、私の心の代弁者がここにいた。笑
自分の方がおかしいのか!?と思いそうになっていた気持ちが、もう気持ちいいぐらい立て直されて

ああ、やっぱり旦那はクソなんだ

と再認識できて安心しました。
やっぱり、クソはクソ。

でもさ、やっぱりこういった家庭の事情は、なかなか人には話せないし、私はたまたま言える人がいたから良かったけど、いないのが当たり前だと思っています。親にも言いにくいですしね。

ただ、どこかで気持ちを発散させないと絶対いつか爆発します。
外に向けて爆発できる人はいいけど、自分の内側で爆発してしまう人は病んでしまうと思うので、内に溜めるのもほどほどに。

そんな時は、2ちゃんねるとかで発散してもいいと私は思います。匿名だしね。
実際、私も何度か書き込みしたので。
それが嫌だなーって人は、やまえみにメールでもください。笑

 

実は周りには似たような境遇の人が潜んでいるかもしれない

 

年末年始に実家に帰る事にキレられ、反論すると仕舞にゃ「もう、いいよ!」と逆ギレされましたが、無事、私と娘は北海道へ旅立ちました。

あー、2週間おらワクワクすっぞ!

そこで、私は数年ぶりに高校時代からの親友と飲みに行きました。
この親友は、若い頃に結婚をしているので、子供はすでに高校生と中学生。
まあ、学生時代からの友達なので、お互いの古い傷も知り尽くしています。笑

そんな親友にも旦那の事を話すと、ママ友と同じ反応をしていました。

「旦那、カスだな!」

いっそ、すがすがしい。
あのアホでクソな旦那はカスでもあったという事ですね☆

私の話を親身に聞いてくれていたんですが、ふとその親友が何かを言いたそうにしているので、私の話はそこそこにして、親友に「何かあった?」と聞きました。

すると、驚愕の事実が。

「この間、旦那にDVされた」

えーーーーー!?
びっくりして、お酒吹きそうになった。マジでー。

全然DVするような旦那さんじゃないので、マジでビビった。
旦那さんのDVを問い詰めると、

どうやら、親友の旦那さんは子供が小さい頃から、ずっと今まであまり育児に関わってくれなくて、でも、親友の子供は二人とも男の子なんですが、それなりに大きくなってきたら、なんの気まぐれか一緒に遊んだり、出掛けたりしたくなったみたいなんですね。

でも、子供達は小さい頃から父親と遊ぶ習慣もないし、小学校の高学年ぐらいだと親よりも友達になるじゃないですか。その時代ドンピシャだったみたいで、今更遊ぼうと言われても……と子供達が困惑していたそうです。

まあ、そりゃそうですよね。
一番遊んで欲しかった時期に遊んでくれなくて、旦那さん自身が扱いやすい大きくなった時に遊ぼうって言われても、子供じゃなくても困惑するわ。

それで、親友の旦那さん、親友に何て言ったと思います?

「子供達が懐かないのは、お前が子供達を洗脳しているからだ!!父親を悪者にして、最低だ!!」

あ、ここにもクソ発見。

いやいやいや!洗脳って。笑

本当、クソ旦那はボキャブラリーが豊富ですね!
洗脳だのよく思いつくわ……逆に感心しちゃうわ。

どうして、今まで自分のしてきた事を棚に上げて、上手くいかなかったら嫁のせいにするんですかね?
これ、クソ旦那の特徴ですかね?

しかも、その旦那さん、今までそんな子育てに積極的ではなかったくせに、子供を使って親孝行をしたくなったようで、子供達が旦那の実家に行きたくないと言ったらDVだったそうです。洗脳だ!ともう大暴れ。

今、親友の住んでいるマンションは親友の親の名義で、旦那が大立ち回りをしたせいで、上に住んでいる住人が管理会社に通報→名義人である親に連絡され、結果的には親にも知れ渡るという修羅場だったそうです。

「あ、でも証拠写真撮ったよ」

うん。証拠大事。
証拠大事よ。(2回目)

「離婚はしないの?」
「うーん。したいけど、子供の教育費がこれからもっと掛かるし、実家を頼ろうにも妹と妹の子供がいるから厳しいよね……」

親友の妹さんは、旦那さんが浮気をして、しかもその相手に子供が出来て離婚していて(なかなかにヘビー)、妹の子供は自分に異母兄弟がいる事を知らないそうです。

ああー、やっぱり主婦にとっての離婚はハードルが高いよねえ、と再認識した出来事でした。

 

つづきはこちら↓

離婚を考えている専業主婦が親権や監督権を主張するのは無謀ではない
前回のあらすじ↓ ただ単に私に何も渡したくないだけ 実は、北海道に帰るのをキレられた時に、あのクソ旦那は 娘の親権は絶対に俺が取る お金の管理も自分がする と言い出しまして、これがまた溜息しか出ない...