浮気調査を自分でやるのに限界を感じる前に頼るべきは探偵や興信所

浮気調査体験日記

やっと娘の新学期なので、ようやく身軽に動けるように。
とりあえず、何をすべきか、という事を9月の目標という形で設定する事に。

9月の目標

・家の物を断捨離
・興信所で浮気調査を依頼
・弁護士探し

 

この中の

・興信所で浮気調査を依頼

の体験日記をここでは書いていきたいと思います。

とは言え、日常生活を普通に過ごしていたら、ほとんどの人がお世話になる事もない探偵や興信所。
私自身も、まさか利用するとは思ってもみませんでした。
なので、まったく右も左もわからない状態です。

一度、一年ぐらい前に相談だけはした事がありますが、何せメールでのやり取り数回だったので、ほとんど素人同然。
とりあえず、いくつか依頼する興信所の候補を探す事にしました。

↓以前にも記事の中で紹介した

旦那の浮気の証拠集めに必要な事と探偵や興信所の正しい使い方
浮気や不倫の証拠の判定は意外に厳しい 旦那の浮気や不倫を知った時に起こすべき自分の行動は、まずは冷静になる事、とお話しました。 これね↓ じゃあ、次は何をすべき? となると、当然、浮気や不倫の「証拠集め」という事...

 

↓探偵や興信所を無料で紹介してくれるサイト

探偵事務所・興信所をお探しなら街角探偵相談所
浮気や不倫、素行、家出問題などに悩んでいる方が自分に合う探偵事務所・興信所を探せるマッチングサイト・街角探偵相談所。地域や調査項目、調査日時などから判断して、皆さまに最適な解決方法を提案できる探偵事務所をお探しします!

 

ここで、まずシミュレーション。
簡単な質問にただ答えていくだけという手軽さ

 

・どんな調査か?
・調査したい対象は誰か
・自分の性別
・自分の年代

 

をポチポチとクリックしていくと、最後に連絡先を入れてくださいと出ます。
そこで、

 

・名前(本名じゃなくてもOK)
・メールアドレス
・電話番号

 

を入力すると、入力したメールアドレスに受付完了メールがきます。
その後、コンシェルジュと呼ばれる人から、自分に合った興信所をマッチングしてくれて連絡してくれるという仕組みです。

結構ハードルが低いですよね。
ただ、直接電話でのやり取りなので、嫌な人は嫌かもしれません。
私も最初は嫌でした。笑

だって、出来るだけ直接接触せずにメールとかでやり取りしたいですもんねー。
しかも、旦那や子供がいる時間帯に電話されても困りますし。

でもね。
やっぱり、文字じゃ自分の状況はほとんど伝わらないんですよ。
文章を考えないといけないし、出来るだけ相手にわかるように書かないといけないし、向こうも疑問がたくさんあるから、やり取りが何回にも及んで、しまいには面倒になるという。笑

腹を括って電話でやり取りをすると、一回で状況が伝わるし、向こうもこちらの気持ちを汲んで色々と自分が見落としている事を聞いてきてくれるし、何よりも自分の状況も整理出来る。

相手はプロですからね。
お金をもらって仕事をしているプロな以上、割り切って対応もしてくれますしね。
餅は餅屋ですね。

それなので、軽い気持ちでも相談や見積もりは無料なので、使えるものは何でも使えばいいんです。
一時の恥なんて、相手も全然気にしないし、むしろその手のプロですからね。
自分と同じケースなんて腐るほど見てきてるはずです。
興信所や探偵に頼るほど追い詰められてるんですから、こちらも割り切って利用してやるという気持ちで相談すればいいんです。

で、私はここで紹介された所と、お世話になっている方に紹介していただいた興信所を自分なりに吟味した結果、お世話になっている方に紹介していただいた興信所に連絡する事にしました。

ちなみに、私が興信所を探す際に重視したポイントはここ。

 

・ちゃんと事務所を構えていること
・ホームページを隅から隅まで見て自分が納得できたこと

 

もちろん、料金が一番気になりますけど、現時点でどれぐらい費用が掛かるか正直まったくわかりませんし、あくまでも興信所のホームページで書いてあるのは目安の料金。
ケースバイケースで掛かる料金も変わるでしょうし、ここはとりあえず頼む、頼まないは別として、見積もりをもらうだけでもいいですしね。
なにせ見積もりはタダ。笑

その見積もりや相談をして決めても全然問題ないですし、興信所によっては「おためし」みたいな感じで低価格で一度だけ試せたりもしますし(その場合は裁判等で使える正式な証拠にはならないそうですが)ね。

いやー、でも緊張しますよねー。
私なんて、「よし、今日連絡してみよう」と思い立って1時間ぐらいウダウダ考えましたからね。笑
普段は、全然電話するのとか、お店で店員さんに聞くのとか、知らない人に話し掛けるのとか平気なタイプなんですが、流石に重いな、と。

まあ、ウダウダ考えても現状が変わるわけではないので、1時間後に電話を掛けてみました。
女の人だったらいいのになー、と思ってたら、本当に女の人で少しホッとしました。
電話口で「相談と見積もりをお願いしたい」と言うと、

 

・どんな調査か?
・住んでいる場所はどこか?

 

という事を聞かれた後、

「すみません……担当者が11時に出社予定なので、11時以降に折り返しお電話します」

あらー。
一気に緊張感がなくなりました。笑
あ、ちなみに電話した時間は朝の9時半ごろね。

その後、11時を過ぎた頃に電話が鳴りました。
大阪からの着信だったので、不審に思いながら出ると、明るい声の大阪弁のお姉さんでした。
ものすごい、電話口からはパソコンのキーボードの音がカタカタ鳴り響いていて、逆に面白くなって笑いそうになりました。笑

お姉さんは、

 

・浮気調査の相談と見積もりでいいか?
・住んでいる場所はどこか?
・どんな状況か?

 

という事を聞いてきました。
質問に答える形で答えていったんですが、話があちこちに飛びそうになったので、時系列で話す事にしました。
とりあえず、今、私が掴んでいる事を伝えるとお姉さんは

「あ、比較的やりやすいですねー」

と言ってくれました。
まあ、確かに

 

・浮気相手の職場
・浮気相手の名前
・浮気相手の住所
・浮気相手の写真

 

が、わかってますしねー。
しかも、クソ旦那が家に帰って来ない=入り浸っている可能性も高いですしね。
ただ、本当に仕事の可能性もほんの少しはあると思います、と伝えると

「あ、それは言い訳ですねー」

バッサリwww
ですよねー。

どうやら、私の調査はプロに言わせたら、失敗する可能性の少ない案件みたいです。
ただ、

 

・家に出入りの様子を最低2回は撮りたいが、弁護士的には3回は必要
・出来れば、二人一緒の所がいいが一人ずつでも証拠にはなる

 

という事を言われました。
その後、今日これから事務所でヒアリングをしたいんですが予定はどうですか?と言われたんですが、流石に急だったのと、娘の学校が今日は短縮時間という事で、改めて週末に行く事になりました。

驚きなのが、ここまでの電話、時間にして20分。
あんなに1年考えたのに、20分。
20分で希望が見えてきたって。笑

私の場合は、旦那の浮気相手の情報がこの一年でここまで知れたので、無駄な時間ではなかったのかもしれませんけど、少しでも相手の情報がわかる方は、速攻で興信所や探偵に相談した方がいいです。マジで。

確かにお金は掛かるかもしれませんけど、そもそもが慰謝料を貰うための証拠集めです。
慰謝料を絶対取ってやるー!コンチクショウ!と割り切りましょう。
キッチリとお花畑なお二人に支払ってもらうもーん☆

というわけで、また今週末にヒアリングに行ったら続きを書きますね。
本当、迷ってる人がいたら少しでも参考になればと思います。
そして、私と一緒に頑張ろうと言いたい。笑